リップグロスの誘惑に負けた

リップグロスの宣伝文句にとにかく弱い。
プルンとした唇とか艶やかなきらめく唇とかそういう謳い文句にとにかく弱くて思わず買ってしまう。

リップグロスって比較的お手軽価格な物が多いから、ついつい誘惑に負けてしまう。

もっと高いものならさすがにそんなに頻繁には買わないけど1本1,000円台とか2,000円台だと躊躇せず買ってしまえるから
合計すると結構な金額だったりするんだけど、1本1本だとそれほどお財布が痛まないからついつい。


買ったはいいがいざ使ってみると、どれも同じような色ばかりだったり
同じようなラメ入りのものだったりと買った後で使わなくなってしまうものがとにかく多い。

その都度反省するのに今日もまたリップグロスを買ってしまった、意志の弱い自分を反省しつつもやっぱりちょっと嬉しい。

Posted by user in nocategory